品触れ(しなぶれ)が届いた!盗品の早期発見と流通の阻止

盗品の品触れリストが届いた

先日、某警察署から、
盗難にあった可能性のある品物のリストを届けたい
という旨の連絡がありました。

コレがいわゆる『品触れ(しなぶれ)』というものです。
聞きなれない言葉かもしれませんので、以下に『品触れ(しなぶれ)』についてまとめてみます。


品触れ(しなぶれ)とは?

盗品や遺失物などの早期発見のために、質屋や古物商に被害品の特徴を触れ示すことを品触れ(しなぶれ)といいます。

特徴をまとめたリストを受け取った場合は、その日から6ヶ月の間はリストを保管しておく必要があります。
また、このリストに記載の品物を買取ったり、買取の申し込みがあったりした場合は、速やかに届け出なければなりません。


被害品の特徴をまとめたリスト
手配品一覧


YZの住む県から4つほど離れた県で出された『品触れ』でした。
県外から担当の刑事さんがYZの元に『品触れ』を手渡しに来てくれたことになります。

リストは画像のほかに2枚ほど。
点数にするとかなりの数になりますね。

YZと同県の古物商の全てを回ってお話をするそうです。


さしてキレイではない僕の自宅に上がっていただいて10分ほどでお話は終了。
もう日が暮れてしまっていましたが、次があるとのことで早々に次の店舗へ向かわれました。


被害額にもよるのかもしれませんが、数県をまたいででも直接『品触れ』を渡しに来たことにチョット驚きました!
古物商や質屋の数でいえば数百とか数千とかいうレベルでしょうから、一つ一つ訪問するのは物凄い労力だと関心しました。

また、盗品の早期発見と流通の阻止に対する姿勢には並々ならぬものを感じました


で、この『特徴をまとめたリスト』ってのには、シリアルナンバーなども詳しく記載されています。

高級腕時計なんかは機械式の自動巻きも物も多く、数年に一度のペースでオーバーホール(分解・整備・調整)が必要になります。
ましてシリアルが刻印されているようなお品物であれば、正規店に送られて調整することになります。

古物商や質屋で見落としがあったとしても、そういったところで発見されるパターンも多いといいます。


ね、いかがでしょうか。


盗品の早期発見流通の阻止というのも古物商が取り組むべきことですね


以上、ヤフオク古物商のYZでした。

at 17:07, ヤフオク古物商, 古物商

comments(0), trackbacks(0), - -

簡単に身近な古物市場を見つける方法!

身近な古物市場を見つけるのってチョット大変ですよね。
検索でいくつかはヒットするものの、遠くて参加できなかったり、紹介が必要だったり・・・。

YZも地元の古物市場を見つけるのにチョット苦労してしまいました。
古物商の許可を取得して地元の古物市場に初参加するまでに、実に1ヶ月以上かかってしまいましたから(汗)


さて、YZが初参加した古物市場をどうやって見つけたのか?ですね。

『リサイクル通信』というリサイクル業界向けのタブロイド誌に掲載されている『古物市の開催日程』を見ただけです(笑)

『簡単に身近な古物市場を見つける方法!』な〜んて大げさなタイトルを付けてしまいましたが、知っている人にはガッカリさせてごめんなさい。


YZが古物商を取得した時は全くのド素人でしたから、『古物市場なんてネットで検索すればすぐに見つかるだろう』と安易に考えていました。

当然、『リサイクル通信』の存在も知らず、『行政文書の公開請求』をしてみたりと四苦八苦してしまった記憶があります。

地元の古物市場を見つけたときは嬉しかったですね。
何度か同じ市場に通って他の市場を紹介してもらったりして、徐々に活動範囲を広げることができました。

ネットで簡単に見つかる情報よりも、古物市場で培ったリアルな人間関係が今のYZを支えてくれているという印象です。

結局のところ、自分と関わる人間を大切にすることが自分の成長や繁栄につながるということを痛感いたしました。

『収入を得たいなら、お金を得たいなら、お金を追いかけるのではなく人を追いかけろ!』と熱心にYZを教育してくれた方がいました。

こういった人間関係に感謝ですね。


この『リサイクル通信』は、月2回・年間24回発行、購読するとなると年間12000円の費用がかかってしまいます。

ですが『ヤフオク』で簡単に手に入ります。そして、数百円で出品されているハズです(笑)
いまもヤフオクを眺めてみましたが1つ出品されていました。

『古物市の開催日程』を知りたいだけならこの方法で十分ですよね。

『古物市の開催日程』が掲載されているのは、毎月2回発行されているうちの『10日号』なので、もしヤフオクで落札を考えている場合は気をつけてくださいね。


そして、必要な情報を得た後は『リサイクル通信』をヤフオクに出品しちゃいましょう(笑)
YZは、落札した金額よりチョット高く出品して無事に落札されました。

自分にプラス、出品価格もプラス!
目指せ商売上手ですね(笑)


以上、ヤフオク古物商のYZでした。


【関連記事】

古物市場って?
行政文書の公開請求
・簡単に身近な古物市場を見つける方法
古物市場デビュー!
合言葉、符丁って?
古物市場を開拓!
古物と新物どっちがお好き?
古物市場のルールとマナー

at 01:46, ヤフオク古物商, 古物商

comments(0), trackbacks(0), - -

エクセルで古物台帳!

古物の売買の際には『古物台帳』が必要になりますよね。
YZの場合は、3枚複写の仕切り書を古物台帳として使っています。

仕切り書をどうやって古物台帳として使っているのか?は『仕切り書で簡単に古物台帳!』を参考にしてみてくださいね。


その仕切り書の内容をエクセルに打ち込んで管理しています。
こんな感じです。
エクセル古物台帳

・取引の年月日
・古物の品目及び数量
・古物の特徴
・相手方の住所、氏名、職業及び年齢

を50音別のシートに分けて記入してあります。

仕切り書に記入してあることと全く同じ内容です。
また、問い合わせの電話があった場合など、問い合わせの内容とともに別のシートに入力しています。


仕切り書はあくまで伝票として考えて、エクセルには顧客管理も兼ねてもらう狙いです。

例えば、3年前に買取のご依頼してくれたお客様がいたとして、仕切り書の山の中から取引の記録を見つけるのは至難の技ですよね。
ですが、エクセルならば検索で簡単に見つけることが出来ます。

たった一回、忘れてしまってもおかしくないお客様を、名前や電話番号などから検索して、リピートさんとして手厚く対応することが出来ますからね。

問い合わせの電話なんかも一緒に管理すると何かと約に立ちますよ。
買取査定の依頼はするけど絶対に売ってくれない人や、ドタキャンを繰り返す人など、変わったご依頼主もたくさんいますからね。


ただ打ち込んであるだけのシンプルすぎる状態ですが、取引をデータ化しておくと何かと便利ですよ。


以上、ヤフオク古物商のYZでした。


【関連記事】

古物台帳の準備
仕切り書で古物台帳
・エクセルで古物台帳
タウンページに広告掲載
いざ出張買取りへ!
電話は仕入れに繋げる!
買取り価格の相場を知るには?
納得の買取価格は?
在庫と売上のお話
車の名義変更は簡単

at 01:50, ヤフオク古物商, 古物商

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク