<< 一番くじの転売って儲かるのか? | main | 「すぐに買いたいっ」と思わせるヤフオク出品コメント >>

古物市場で使う符丁って何?

古物市場に限らず、青果市場や魚市場でも使う(ハズ)の符丁って何だろう?

要は金額をあらわす合言葉のことですね。
例えば『千枚(せんまい)=1250円』といった感じです。

多くの古物市場では、この符丁と円が入り乱れて競りが行われています。


主な符丁は以下の通りです
・五百貫(ごひゃっかん)、8300円
・四百貫(よんひゃっかん)、6500円
・百貫(ひゃっかん)、3500円
・本三(ほんさん)、2250円
・十貫目(じゅっかんめ)、1650円
・千枚(せんまい)、1250円


競っている最中は、「千枚」、「1250円」、「千枚」、「1250円」・・・・・・
といった具合に、現在の金額が絶えず連呼されています


それ以上の金額を叫ぶ(槍を投げる)と入札したことになりますョ。

例えば、「十貫目(じゅっかんめ)!」って叫ぶと、
「十貫目」、「1650円」、「十貫目」、「1650円」・・・・・・と連呼されます。


そして、他に声が出なければ競りは終了。落札価格が決定となるワケですね。

値段が競り上がって桁が変わった時は注意が必要です!
さっきまでは1250円だった千枚が、12500円になってしまうからです。

だいたいは金額と符丁を交互に言ってくれるので、符丁を知らなくても特に問題はありません。
符丁に慣れていないうちは符丁を使わなくても全く問題ありませんョ。


符丁や金額のほかに、「倍」や「3倍」って声を掛ける人もいます。

ちなみにYZは、一度も符丁で槍を投げたことがありません(汗)
まだまだ初心者ですからね。

以上、ヤフオク古物商のYZでした。


【関連記事】

古物市場って?
行政文書の公開請求
簡単に身近な古物市場を見つける方法
古物市場デビュー!
・合言葉、符丁って?
古物市場を開拓!
古物と新物どっちがお好き?
古物市場のルールとマナー

at 17:23, ヤフオク古物商, 古物商

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/129