<< ヤフオクに出品したら直接受け渡しの質問が来た! | main | 毎日入金! >>

古物市場のルールとマナー

先日、参加させていただいた古物市場にて、他の方が落札したお品物を持って帰ってしまった参加者がいました・・・。

その市場では、過去にも何度かお品物がなくなってしまうといった事案があったそうです。

故意かどうかは別にしても、他人が落札した品物を持って帰るというのは言語道断ですよね。


古物市場では出品する商品や落札した商品は自己管理が基本です。
信用の元で成り立っているといった大前提が存在します。
場の雰囲気も損ないますし、頻繁に起こるようなら市場の信用に関わりますね。


市場によっては参加するのに紹介が必要だったりします。

それゆえ、古物市場は閉鎖的だと言われているのも頷けることなのですが、馴染み同士の信頼で成り立つ部分も多いため、仕方のない事だとも思います。

地域に根付いた古い古物市場ほど敷居が高いような気がするのは、こういった背景もあるからですね。


もし、古物商の許可を取得して古物市場に参加するつもりでしたら、この暗黙のルール的なお作法を守りつつ古物市場に参加してくださいね。

暗黙のルールといっても、人として当たり前なことばかりなので臆することはありません
周りを良く見て習えば良いことばかりですから。

特に骨董・古美術系の市場は、この道何十年って感じの大先輩ばかりなので、どちらかというと体育会系なノリで先輩を尊重していれば問題ないと思いますョ。


ちなみに『他の方が落札したお品物を持って帰ってしまった参加者』は呼び戻されて、案の定お品物が出てきてしまいました。

本人は間違いと言っていましたが、次回参加する時には体裁が悪いですよね。


YZもまだまだ新米の身の上ですので、ふつつかな部分も多いとは思いますが、みなさん親切にしてくれます。

最近になって、市場主さまが名前を覚えてくれたり、こちらの好みを見抜いて競りを進行してくれたりと、やっと馴染んできた感じがします。

古物市場は、自分の持っていないお品物を安価で手に入れることが出来る貴重な仕入れの場。つまらないことで信用を失いたくはありませんね。

以上、新米古物商のYZでした。


【関連記事】

古物市場って?
行政文書の公開請求
簡単に身近な古物市場を見つける方法
古物市場デビュー!
合言葉、符丁って?
古物市場を開拓!
古物と新物どっちがお好き?
・古物市場のルールとマナー

at 21:15, ヤフオク古物商, 古物商

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/135