<< いざ買取りとなると価格設定でテンパってしまいます(汗)何かコツはあるでしょうか? | main | お門違いな依頼で一撃50万円!? >>

チャンスを活かす人、見逃す人、気付かない人

チャンスをモノにしたいなら素早く行動しよう!
コレ、商売人の鉄則かと思います。

古物商に限らず、何かしらの商売を上手く行かせようと思うなら即時行動あるのみです。

良く言われていることばかりなので、聞いたことがあるようなお話ばかりですが、チャンスをモノにするために必要なことをまとめてみます。


チャンスってどういうこと?

『何かを行うのに良い機会、好機』をチャンスっていいます。

ですが、そもそもチャンスなんて上手くいく事が確約されているようなものではありません
もっと言えば、大損しちゃう可能性のほうが大きいのかも知れません。

チャンスを簡単に言うと、
『この機会を活かして成功させる気があるのか無いのか?』
試されている瞬間がチャンスなんです。

チャンスを見つけたからといって、それだけで旨い商売ができるワケがありません。
絶好の機会を見逃さず臆せず行動して初めてチャンスとなるんです。

モタモタしているとチャンスはあっさり逃げていってしまいます。


チャンスを見逃す人

チャンスを見逃してしまう一番の理由は、
行動しないこと
です。

失敗やリスクを恐れるあまりに行動を起こさない』って良くあることですよね。

知識や情報をたくさん集めすぎて頭がパンパンになってしまって、実際に行動を起こさないということも多いかと思います。

簡単に言うと『出来ない理由を探してしまうのです。

出来ない理由とは、
・今は資金が無い
・まだ知識が足りない
・メンバーが集まっていない

などなど。
あげればキリがありませんね。

何かと言い訳をして行動を起こさずにいるというのは、実はチャンスを逃してしまっているのです。

資金が無くても行動は起こせますし、知識なんて実際に行動して経験した方が遥かに多く身につきます
行動していればメンバーや協力者は勝手に現われるものです。


チャンスに気付けない人

自分にとってのチャンスは、他人にとってチャンスではないことも当然あります。

例えば、目の前にダイヤの原石が転がっていたとします。
とはいっても、見る目と磨く技術がなければその原石をお金に換えることは出来ません。
見る目が無ければただの石ころに見えてしまいますし、磨く技術が無ければ付加価値をつけることが出来ません。

ダイヤの原石が目の前に転がっているのに、それに気付けなければチャンスを見逃してしまいます。
チャンスに気付いていないので後悔することもありませんし、その人にとってはチャンスではなかったのでしょう。

原石を磨く技術が無く、本当にダイヤの原石なのかも曖昧なまま安値で売り払ってしまうかも知れません。
目利きのある誰かに儲けを持っていかれるパターンですね。

ダイヤの原石だと思っていた物が、実はただの石ころだったというパターンも起こり得ます。
大枚をたたいて手に入れてしまった場合は目も当てられません。

こういうパターンはどんな業界にでも多く存在することです。


チャンスを活かすためには?

恐いかもしれませんが、まずは『小さな一歩を踏み出すこと』です。

ほんの小さな一歩ならば
・失敗してもたかが知れています
・リスクなんて無いに等しい

ですよね。

ほんの小さな一歩でも行動を起こしたと言う大きな成長となるハズです。

初めから欲張って大きな一歩を踏み出すと・・・たった一度の失敗で取り返しの付かない結果になることもありますから『ほんの小さな一歩』で良いんです。

加えることがあるとすれば『失敗やリスクを味方にすること』です。

ダイヤの原石を見分けることが出来る人や、目利きの出来る人って、初めからそうだったワケじゃないんです。
リスクを承知で成功も失敗も積み重ねた結果としての今があるのです。

失敗をたくさん経験することって、すっごく大切です!

経験として蓄積することで同じ失敗は回避できますからね。
失敗っていうのは、自分を成長させてくれる強い味方なんです。

こうやって『ほんの小さな一歩』を踏み出し続けることで、いつしか『大きな歩幅で』歩き回っている自分に気が付くハズです。

今までは気付かずに素通りしていたチャンスを、絶好の好機とすることも出来るようになりますよ。


さて、いかがだったでしょうか。

ちゃんと行動を起こすというのは簡単なようで面倒だったりします。

知識だけを詰め込むよりも、行動を起こした経験の方が遥かに深い知識を手に入れることが出来ますし、素早い行動が伴えばチャンスを逃すことも無いでしょう。

時には思いがけない幸運をもたらす事だってあるかもしれませんよ。


以上、ヤフオク古物商のYZでした。


at 16:04, ヤフオク古物商, 商売人の心得

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/236