<< 失敗とネガティブ発想で負のスパイラル | main | それでも堂々と立ち向かうべきでしょ!弱い自分にね >>

運を味方にするってどういうこと?

何かを始めて、それを軌道に乗せようとするとき、『運』の要素も少なからず影響していると思いませんか?

そもそも『運』ってナンなんでしょうかね。


例えば、投資に失敗して損をしてしまった時、

たったコレだけの損失で済んだのだから私は『運』が良い、と考える人もいれば、

損失を出してまった!なんて『運』が悪いんだろう、と考える人もいます。


結局のところ、『なんて考え方次第で良くも悪くも変えられちゃうのです。


上手く行かない時期に『運』が悪いと暗い顔で日々を過ごしていれば、まわりから仲間や協力者も遠ざかってしまいます。

商売でいえば、暗い顔をした店主からは物を買いたいとは思いませんよね。

こういうネガティブオーラを発散している人って近寄りにくいですもんね。

まわりから人が遠ざかる=『運』も遠ざかる
のではないでしょうか。


一方、ポジティブな思考で、上手くいかない時期でも『運』が悪いなどと言い訳せずに回りに配慮できる人って、自然と人が集まってくるものです。

人が集まる=『運』もあつまる=お金が集まる
って感じませんか?

商売人であれば、人を集めることは即収益につながりますよね!


お金は寂しがりやだからお金のあるところに集まる』な〜んて話を聞いたことはありませんか?

『運』も同じかもしれませんよ。
『運』が良い人に寄ってくるものです。


この、運が良い状態や、運が悪い状態って、回りの人間にも影響を与えてしまいます。


まぁ『運』だけに限ったお話ではないのですが、自分の思考や行動が回りの人に少なからず影響を及ぼす事は知っておくべきだと思います。

ポジティブな思考で行動すれば、共に行動する人たちにポジティブな影響を与えることが出来ます。

ネガティブな思考で行動すれば、共に行動する人たちにネガティブな影響を与えてしまいます。

消極的でマイナスな発想は、他人も巻き込んで自分の成長を妨げてしまう場合があるのです。


さて、いかがだったでしょうか。


運を味方にするのも敵に回すのも自分次第ってことです。


以上、ヤフオク古物商のYZでした。

at 18:46, ヤフオク古物商, 商売人の心得

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/240