<< とにかくさ、自分に『疑問』を持てってば! | main | ヤフオクの出品システム利用料が無料に!? >>

地元の税務署から訪問調査したいと言われました!どうすれば良いでしょうか?

YZのブログの読者様から質問をいただきました。

メールにて返信させていただいたのですが、迷惑メールフォルダに入っている可能性もあり、この場からもお返事させていただきます。



読者Yさまのご質問


今朝、地元の税務署から電話がかかってきて訪問調査したいと言われました。

確定申告の書類にウソはありませんが、ヤフオクでの収入は申告していません。

悪質であるほどの収入をヤフオクで得ているわけではありませんので、税務署のほうでもわかってくれるとは思いますが・・・
何かアドバイスがあればご教授お願いいたします。
 

YZの返答


副業の場合は所得が年間20万円を超えると確定申告が必要になります。
つまり、売り上げから経費を差し引いた金額が1年間で20万円を超えた場合は、その金額を所得として申告する必要があるのです。
そして、その金額に見合った税金を支払わなければなりません。
 
本業の場合は所得が年間38万円を超えると確定申告が必要になります。
つまり、売り上げから経費を差し引いた金額が1年間で38万円を超えた場合は、その金額を所得として申告する必要があるのです。
そして、その金額に見合った税金を支払わなければなりません。
 
副業で何かしらの仕事をして年間20万円以上の利益があった場合や、本業で何かしらの仕事をして年間38万円以上の利益があった場合は、その金額を申告して税金を支払うということです。
 
税率は所得によって変わります。
 
 
仮に、年間40万円の所得があったにも関わらず5年間申告しなかったとします。
その場合は、5年で200万円の所得があり、申告していない状態になります。
 
これを、申告漏れとか所得隠しと呼びますね。
 
例えば、年間40万円に所得に対して8万円の税金が掛かるのであれば、
8万円×5年分=40万円
と、延滞金を請求されます。
 
たしか税務署は、7〜8年くらいさかのぼって計算するはずです。
 
 
まぁ、相応の所得があるのであれば申告しなければならないのです。
 
 
仮に、
 
年間の売り上げが100万円
それに掛かった経費が90万円

であれば、所得は10万円と言うことになります。
申告の必要はありませんね。
 
年間の売り上げが100万円
それに掛かった経費が55万円

であれば、所得は45万円と言うことになります。
これは申告して、所得に見合った税金を支払う必要があります
 
税務署は、上記のような計算を7〜8年分さかのぼって資料の提出を求めてくるかもしれません。
 
もし、経費を証明することが出来なければ、
年間の売り上げが100万円
それに掛かった経費が0万円
所得は100万円
となってしまう恐れもあるのです!
 
 
だから、日頃から売り上げと経費の帳簿をつけるのです。
 
・経費を証明するために領収書を管理
・売上を証明するために請求書や出納帳を管理

 
するのです。
 
 
ヤフオクでどの程度の所得を得ていたのかは分かりませんが、甘く考えないほうが良いと思います。
 
出来るだけ経費になる部分の領収書を集めることと、税務署に対して正直に自分の収入を打ち明けて相談することが懸命だと感じます。
 
税務署の方々が調べて、結果として課税の対象とならないのであれば御の字です。
もし、課税の対象になったのであれば事実を真摯に受け止める必要があります。
 
 
『悪質であるほどの収入』がどのくらいの収入を指すのかは分かりません。
 
ですが、仮に年間で38万円以上(副業では20万円)の所得があれば、それに見合った税金を請求されますよ。
 
 
ちょっと厳しい書き方になってしまいました。
 
ですが、所得を申告していなければいずれは税務署がやってきますよ。
 
 
YZ自身、以前に行っていた商売で過去7年間に渡って所得を申告していなかったために税務署に立ち入られたことがあるのです。
当然、それに見合った税金と延滞金を支払いました。
 
当時のYZは、申告の必要性や、所得の仕組みを全く知らなかったのです。
 
ある日、突然、税務署がやってきて、一切合財をもっていって所得を計算するのです。
で、申告されていない所得が○○○○万円あるので、見合った税金と延滞金を支払うように命ぜられました。
 
ちゃんと経費の部分は経費としてくれましたし、領収書が残っていない部分も考慮してもらいました。
 
商売を始めた年からキッチリ申告しておけば、所得に見合った額の納税だけで済んだのですが・・・。
延滞金の部分がかなり高くなってしまうのです。
 
 
経費がかさんで赤字なのであればちゃんと評価してくれます。
 
所得が少なければ、それに見合った救済措置、
・年間1000万円以下なら消費税を支払う必要がない、とか
・赤字が繰り越せる、とか

を提案してくれます。
 
 
YZは、
日頃からキッチリ帳簿をつけて青色申告するのが一番の節税
に繋がると思っていますよ。
 
知らなかったでは済まされないことですから、再度熟考されることをお勧めいたします

 

いかがだったでしょうか。


『知らなかった』や『大した額じゃない』などといった言い訳は、通用しない場合がほとんどなのです。

チョット厳しい物言いとなってしまいましたが、YZ自身が以前に苦い経験をしたので、あえて上記のように書かせていただきました。

もし課税の対象となる金額の所得が見込めそうな場合は、相応の準備を怠らないように心掛けるのが吉と感じます。


以上、ヤフオク古物商のYZでした。


【関連記事】

古物商の許可取得に関する質問Q&A
ヤフオクでの売買は『非対面取引』に当たるのか?
古物市場で購入したものは古物台帳に書き込むのか?
記事に書かれている古物市場を教えて頂けますか?
古物商の許可を申請するには『店舗名や屋号』は必ず必要でしょうか?また、HPのURLは後から追加できるのでしょうか?
古物商になると『個人事業の開業届出』をしなければならないのですか?
お勧めの古物市場を教えてください!また、新物の市場についても知りたいのですが?
「非対面取引における相手方の本人確認」についていくつか質問があるのですが?
・地元の税務署から訪問調査したいと言われました!どうすれば良いでしょうか?
YZさんは、どんな宣伝を行っているのですか?
本・CD・DVDの買取りで、身分証明書のコピーがなくても確認だけすれば大丈夫なのでしょうか?
古物には新品も含まれるとのことですが、古物台帳には中古品だけ記入されていますか?
古物商を取得して副業せどりを考えています。取得前にHPは必要でしょうか?また、数点わからないことがあり、教えていただきたいのですが?

at 06:10, ヤフオク古物商, よくある質問Q&A

comments(1), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment
-, 2018/02/28 1:36 AM

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/245