<< 頑張りすぎていませんか? | main | 物事を好転させるためのキッカケや理由を作ろう >>

それって『誰の得』??自分の得だけを考えていると足元を掬われますよ!

誰だって『お世話になった人』の一人や二人はいるハズです。

利益を度外視して貴方に尽くしてくれた人ですよ。
見返りを求めずに貴方に何かを与えてくれた人ですよ。


ちょっとその『お世話になった人』たちの顔を思い浮かべてみてください。

何だか・・・ホッとするような、嬉しいような、恩返しをしたいような、そんな気持ちになりませんか?


かくいうYZも、沢山の方々に『お世話』してもらって今があるワケです。
ここで『それって誰の得??』ってお話です。


自分に『お世話をしてくれた人』っていう方々が困っていたら?

『今の自分にできるだけの事をしてあげたい』って気持ちになるのが当然だと思うのです。
だって、自分が困っていたときに利益を度外視して助けてくれたり力になってくれたり、そんな風にしてもらったのですから。


その『お世話をしてくれた人』たちだって、楽な状況だったワケではないかも知れません
むしろ、辛い状況だったのにも関わらず笑顔で力を貸してくれたのかもしれません

それって誰の得になるのでしょうか??

それはね、100%貴方の得なんです!


そんな風にしてくれた人がいたなら、
掛け値なしで役に立ちたい
って思いませんか?

そう思えない人は・・・人生でたくさん損をしているかも知れませんね。


恩人に対しては無償で役に立ちたいと考えるのが人間です。

ならば、貴方が恩人であれば、貴方の協力者は後を絶たないハズなんです。
っていうか、貴方が恩人になればなるほど、貴方は生きていくのが楽になるハズなんです。

だって、貴方の為に無償で力になりたいと思っている人が回りに沢山いるってことですからね。


まぁ
情けは人の為ならず』とか、
損して得とれ』とか、
そういうことです。

誰かの得になることを意識していれば、回りまわって自分の得になると、そういうお話なんですね。


こういう感覚って商売でもすっごく大切だと感じるんです。


売り上げを作るために経費を使いますよね?
売り上げを作ってから経費をつかうワケではありませんよね?

経費を使って商品や場所やサービスを提供したからこそ、経費を上回る売り上げを手にすることができるんです。

ここがポイントです。


かけがえの無い財産の中から経費を使ってまで誰かの役に立つ
未だ見ぬ誰かの為に。

そうするとで、使った経費以上の売り上げが作れるっていうことでしょ。
イコール利益です。

ここんとこ勘違いしちゃいけません!


自分が損をしてでも誰かの役に立つ事をするんです。
それを積み重ねるだけですよ。

収益を上げている企業や事業は、それだけ人の役に立っているってことです。
ね、かんたんな仕組みでしょ。


で、このお話にはオチもあるんです。


誰に恩を売るのか?』って事です。
いくらキレイ事を述べたって、常識を外れたことが起こるのもまた人生ですからね。

だれかれ構わず『恩を売る』というのは、ちょっとムダが多いって事ですね。


ターゲットの人間性を良く吟味して、『恩を売るべきがどうかを慎重に検討してお金を使うんです。


銀行ってさ、建前上は良い事ばかり並べ立ててはいますけど、お金を貸すときには厳しい審査をしますよね?
だれかれ構わずお金を貸してくれるワケではありません

貸した分以上のお金を利息として払ってくれる人(それが出来る人)』にだけお金を貸してくれるんです。


いうなれば、この本音と建前ってのが恩を売るべきがどうかの線引きをしているポイントなんですね。


まずは恩人になるべきです。
もっというと、恩人になるべきターゲットは慎重に検討するべきです。

それって誰の得??』てのをよくよく考えると、最終的に自分の得になることが見えてきませんか?


以上、ヤフオク古物商のYZでした。
 

at 06:12, ヤフオク古物商, 商売人の心得

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/248