<< それって『誰の得』??自分の得だけを考えていると足元を掬われますよ! | main | 品触れ(しなぶれ)が届いた!盗品の早期発見と流通の阻止 >>

物事を好転させるためのキッカケや理由を作ろう

今の自分の事、この先の自分の事、どう考えていますか?

現状に満足できる人もいれば、そうでない人も当然いると思います。
で、今の自分に納得しているかどうかは別として、過去の自分の行動が今の自分に影響していますよね。


とかく人間は、何かしらの『結果が出てしまってから』後悔や反省をしてしまいがちです。
良い結果だったとしても『タナボタ的』に受け止めてしまっていませんか?

良い結果でも、悪い結果でも、『そうなってしまった理由』や『キッカケ』が必ずあるのです。
そして、多くの場合は自分自身で選択して行動しているハズなんです。


普段の何気ない行動のなかで、ほとんど無意識に行動してしまった事さえ後々の自分に影響を与えます。

良い影響を与える行動なのであれば、意識して行動することで結果が更に良くなるかも知れません。
悪い影響を与える行動なのであれば、意識して行動を修正することで失敗を回避できるかも知れません。

ただ『何となく』日々を過ごすのってチョット勿体無いって感じませんか?


さて、何が言いたいのかというと、

先々に物事を好転させるための
キッカケづくり』や『理由づくり
を意識してみてはどうか?

って事なんです。


で、この『キッカケづくり』や『理由づくり』に大きく関わってくるのが、『自身が目標を持っているかどうか?』ってことになると思います。


例えば、お金を貯めたいという目標があるとします。

その目標を意識すればするほど『収入を増やすこと』や『支出を減らす』という事を考えたり実践したりするでしょう。
つまり、『お金を貯める』ためのキッカケや理由づくりを日頃から実践していくことになります。

結果として『お金を貯める』ことができたり、成果を大きくすることができますよね。


例えば、良い野菜を多く収穫したいという目標があるとします。

種をまいて水をあげて『何となく』栽培しても、大陽の恵みも享受しつつそれなりの野菜を収穫できるかもしれません。

ですが、
・予め土を耕して
・肥料を与えて
・収穫する野菜に見合った育成方法を研究

などなど、

『良い野菜を多く収穫』するためのキッカケや理由づくりを日頃から実践すれば、『何となく』栽培するよりも成果を大きくすることができますよね。


ね、いかがでしょうか。


上手くいくのも目標を達成するのも、それなりの理由があるワケです。

失敗するのも目標に届かないのも、やっぱりそれなりの理由があるワケです。



失敗を『誰かのせい』にしたり『環境のせい』にしたりっていう逃げ道も無いワケではありません。

ですが、先送りにしたり逃げてしまったりで『飛べなかったハードル』は一生ついて回ります。
またいつか、その『飛べなかったハードル』に直面してしまう日が来てしまうものです。

どこかで真剣に『飛べなかったハードル』と向き合う必要が出てくるって事ですね。


先々に物事を好転させるために、飛べなかったハードルを飛ぶために、
『目標』
『キッカケづくり』
『理由づくり』

を強く意識してみてはいかがでしょうか。

自分の人間関係やフィールドに愛情を注ぐという感覚。
耕して種をまいて肥料を与えて、良い結果を生むためのキッカケや理由を積み重ねていく。

そうして築いた環境や人脈が、目標達成の後押しをしてくれるようになるハズです。


以上、ヤフオク古物商のYZでした。

at 18:11, ヤフオク古物商, 商売人の心得

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/249