<< ヤフオクで32型液晶テレビを1円出品してみた | main | 本・CD・DVDの買取りで、身分証明書のコピーがなくても確認だけすれば大丈夫なのでしょうか? >>

ヤフオクで、送料や梱包料などに関するルールが改定されます!

『ヤフオクのトップページ⇒お知らせ』で確認できるのですが、
ヤフオクの『ご利用にあたっての注意』が改定されます。
施行は2015年3月3日からとなっています。


改定の内容をかいつまんで書きますと、

■以下の料金以外を落札者に請求してはならない。
・落札代金
・送料
・返品交換の際の送料や手数料
・不動産や車体の取得にかかる諸費用や税などの法定費用
※上記料金は商品説明に記載すること


■送料について
・落札価格とは別に送料を請求する場合は、商品説明で送料の額を明示する
・送料は、運送業者に支払う運賃や代引き手数料、速達、書留、冷凍、冷蔵等にかかる実費の範囲内とする
・送料が実費の範囲内かどうか確認できるように、利用する運送業者やサービス名を明示する
・落札者が、商品説明で明示した以外の方法を希望する場合は上記の限りではない
・送料についてヤフオクから要求があれば、配送伝票や領収書または運送業者や物流代行業者等との契約書の写し等を提出する


といった感じです。


要は、
・送料を水増ししない
・梱包料などを別途請求しない

ってことですね。

ヤフオクから要求があれば
配送伝票や領収書や契約書の写し等の資料を遅滞なく提出
しなければなりません。

なかなか厳重ですね。


ただ、落札者が明記以外の方法で発送を希望した場合はその限りではないと。

ってことは、
・デリケートなお品物を出品
・梱包ナシで発送と商品説明に明示

⇒落札者が梱包を要求
⇒梱包料を別途請求


なんていう、別の梱包方法を指定せざるを得ないような出品をする輩が現れたりするのではないか?
って思ったりもします(汗)


送料が異常に高いところや、梱包料で2〜3,000円の請求をしてくるところって結構ありますよね。

僕も経験がありますが、
・落札価格:2,000円
・送料:800円
・梱包料:1,000円
っていうパターン。

自動車のパーツなのですが、20×15×5cmほどの大きさで、普通に梱包してあれば壊れるような商品でもありません。

で届いてみたら、
・ボロボロの継ぎ接ぎダンボール
・まるめた新聞紙
・ボロボロの再利用キャプロン(プチプチ)
というありさまでした(笑)

梱包料で1,000円も取るなら、せめて『きれいなダンボールとキャプロンで送ってきなさい』っていう。

ほかにも、熱帯魚や昆虫なんかの生体を発送するときに梱包料を別途で請求するケースがありますね。


で、今回の改定では、そういった別途請求していた梱包料などは商品価格(落札価格)に含まれるようにしましょうという狙いがあるワケですね。

さっきの例でいうと、
・落札価格:2,000円(←この金額に応じて手数料)
・送料:800円
・梱包料:1,000円
ってなるよりは、

・落札価格:3,000円(←この金額に応じて手数料)
・送料:800円
・梱包料:0円
ってなったほうが、ヤフオクが徴収できる手数料が多くなりますからね。


ま、この改定で送料の水増しは減るでしょうし詐欺まがいな出品も減るのかも知れませんね。

ですが、さっきも書きましたが、落札者が別の梱包方法を指定せざるを得ないような出品の可能性もありますし、悪質な出品者が消えてなくなるワケではありません。

落札する際には出品者の意図も含めてよくチェックする必要がありますね。


以上、ヤフオク古物商のYZでした。

at 12:21, ヤフオク古物商, ヤフオクに出品するときは

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/270