<< 古物商って何? | main | ヤフオクに出品するときは紹介コメントも大切! >>

古物13品目とは?

古物営業法施行規則により、古物は以下の13品目に分類されています

普段のイメージとは違うカテゴリに分類されている物もあるので、申請するときは良く検討してくださいね。


■美術品類
・あらゆる物品について美術的価値があるもの

■衣類
・繊維や革で身にまとう物

■時計・宝飾品類
・身に着けて使用する飾りなど
眼鏡やコンタクトレンズ、万歩計もここに分類。

■自動車
・自動車とその部品
タイヤやバンパーもここに分類。

■自動二輪及び原動機付自転車
・自動二輪・原付とその部品
ミラーやバンパーもここに分類。

■自転車類
・自転車とその部品
かごやカバーもここに分類。

■写真機類
・自転車とその部品
カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、レンズがあったらココ。

■事務機器類
・計算、記録、連絡等に使用される機械及び器具
パソコン・ワープロ・コピー機もココ。

■機械工具類
・電機によって駆動する機械・器具、他の物品の生産・修理のために使用される機械、事務機器類に該当しないもの
工作機械・土木機械など。家電製品や家庭用ゲーム機もココ。

■道具類
・他のどれにも当てはまらない物品
家具や楽器、CD/DVDやゲームソフト、日用雑貨から玩具まで、ここに分類されるっす。

■皮革・ゴム製品類
・皮革またはゴムから作られている物品
カバン、バッグ、靴、毛皮もここに分類。

■書籍

■金券類


許可を申請しようと考えられている方は、よく把握する必要があります。
許可を受けていない品目は扱えないですョ


一般に家電と言われる物も複数のカテゴリに分類されていますし、品目だけ見て申請したら『扱いたい古物が含まれていない!』なんて事が起きるかもしれません。

後々追加する事が出来るとしても変更届を出すのが大変なので、よくよく検討してくださいね。


以上、ヤフオク古物商のYZでした。


【関連記事】

古物商って何?
・古物13品目とは?
古物商の許可申請は難しい?
古物商の利点
申請に必要な費用
意外なトコロで古物商

at 17:55, ヤフオク古物商, 古物商

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサードリンク
comment









trackback
url:http://news.used-yz.com/trackback/39